奥井建設とはどんな会社

Posted by addminz on 2016年1月25日 – 6:26 PM

奥井建設とはどんな会社

奥井建設とは、どんな会社なのかを、簡単にご説明します。
奥井建設は、循環型社会の構築を目指している会社です。
長寿社会問題や環境問題について考え、有効な方法を常に考え、保全活動を目指しています。
さらに、建築廃棄物の軽減などの、環境の配慮に努め、新生活に合う建築物を提案します。
奥井建設は、昭和30年創業であり、安心と信頼でしっかり地域の発展に努めます。
そして、東京都が実地する「スーパーリフォーム」の事業に、積極的に参加しています。
このスーパーリフォームとは、高齢社会への対応などを目的としているもので、既存の建物を有効に活用しています。
土木事業では、道路工事や上下水道工事の他に、東北大震災復興支援も行っています。
一方、建築事業では、学校施設や公共施設の改修工事や新築を行っています。
積み上げてきた技術を生かしています。
お客様1人1人の要望をしっかりと聞き、その要望に応えることができるように努めています。

沿革〜奥井建設〜

奥井建設は、昭和30年創業です。
この時の資本金は50万円です。
そして昭和35年、資本金を200万円にしました。
昭和36年、東京都知事登録が完了します。
そして昭和45年、資本金を2000万円としました。
そして平成11年、平成11年度都住宅局優良請負工事局長賞を受賞しました。
そして平成13年に、東京都の住宅供給公社の指定工事店に登録されました。
そして平成16年、ISO9001;2000のQC04J0120の認証を獲得しました。
そして平成21年、資本金5000万円としました。
そして平成24年、ISO14001のE0185の認証を取得しました。
そして7か月後、建設業の国土交通大臣の許可登録が完了しました。
そして平成25年、資本金を9000万円としました。
その後は、東北本社・東京本社の代表取締役社長が決まっています。
奥井建設は、建設事業のパイオニアとして地域社会の発展に貢献しています。
お客様の声を大切にしている会社です。