精密機器を運ぶのにキャリムエンジニアリング特殊コンテナが活躍

Posted by addminz on 2016年11月28日 – 8:30 PM

精密機器を運ぶのにキャリムエンジニアリング特殊コンテナが活躍

まずは特殊な機器を輸送するキャリムエンジニアリングが難しい輸送を成功させる為に気をつけているのはお荷物を輸送する出荷から搬入、その後届け先についてからなどの計画を綿密に立てる事が重要です。
精密機器なので一番気をつけなくてはいけないのは、温度かもしれません。
温度に関しては、湿度と共にコンピューターでシステム管理をしているので大きな変化が起きる事は少なそうですね。
これは特殊輸送をしているキャリムエンジニアリングだからこその機能ですね。
次に、気をつけなくてはいけないのは振動や衝撃です。
低い段差ですら精密機器には大きな衝撃になります。
なので、本当に段差なく搬入しなくてはいけません。
普通に考えると、それは無理でしょとなってしまいますがキャリムエンジニアリングはそれも可能にする事が出来ます。
梱包の仕方も大切ですが搬入する際は手作業で社員が一眼になって声掛けをしながら丁寧に運び入れます。
きちんとした計画なしでは出来ないことなので社員同士が動きを把握してないといけません。
キャリムエンジニアリングでは段差をなるべく減らす為の特殊なコンテナを用意してくれます。