半導体で世界一になったのがキャリムエンジニアリングです

Posted by addminz on 2016年10月4日 – 9:03 PM

半導体で世界一になったのがキャリムエンジニアリングです

精密機械でもあるのが半導体です。
とてもデリケートな部品でもあります。
最近になって、その半導体の関連の大会でキャリムエンジニアリングが世界一に輝きました。
世界でも日本の製品と言うのはとても品質が高く高性能だと言われていてとても人気が高いです。
海外ではブランド化されている事も多く、沢山の製品が高値で日本から輸出されています。
近年になって、どんな場所や環境にも耐えられる半導体の開発に成功したのがキャリムエンジニアリングです。
液晶の分野でも海外から高い評価を得ていますが、半導体の部分ではもう一つの成果でした。
とても優れていましたが、技術者自身が満足しておらず、毎年多額の研究費を使用して開発に取り組んでいました。
政府からの補助金も出ていたので、その成功が急がれていました。
いつもあと一歩の所で今一つな結果になっていました。
ですが、キャリムエンジニアリングの技術者の一人が偶然に発見した物を使用した所、どんな圧にも耐えられる物を作る事が出来ました。

海外輸送の分野で注目を集めているキャリムエンジニアリング

海外には日本から様々な物が輸出されています。
キャリムエンジニアリングは、中でもトップクラスの輸送のプロ集団です。
前の記事でも紹介しましたが、毎日のように空や海から海外に向けて日本の製品が輸出されています。
この企業の素晴らしい所は、専用の飛行機と船を所有している事です。
中でも精密機械や半導体の輸送においては右に出る企業がありません。
色んな大きさの機械や部品も丁寧に梱包をして専用の箱に入れて積み込みます。
少しの衝撃でも壊れてしまうくらい繊細な部品も中には含まれているからです。
輸送の際には、専門のスタッフが付き、現地まで届けます。
輸送から設置まで自社で全て管理しています。
その為に、社員や技術者の研修もこまめに行って技術の向上に力を入れています。
キャリムエンジニアリングのこの輸送の技術は世界の輸送の分野から熱い注目を集めていて、何回か海外の雑誌で取り上げられているくらいです。
なので、海外でも通訳なしで会話出来るように英語で社内の会話を統一しています。

キャリムエンジニアリングでは技術者の採用に力を入れています

手先が器用な人が多いのが技術者です。
中でもキャリムエンジニアリングでは、技術者の採用に力を入れています。
前の記事でも紹介したように、世界から注目を集めていて毎年多くの海外の企業から引き抜きに合う社員もいます。
そのくらい、技術力が高く評価されています。
多くは、企業提携している海外の会社が多いのですが、稀に違う分野の企業からの引き抜きに合う場合もありなるべく自社に留まってもらう為にもキャリムエンジニアリングでは、福利厚生の部分を手厚くしたり、給料の面でも昇給制度をこまめにするなどして社員の引き抜きを阻止してきました。
社内では英語で話す事を義務付けている事もあり、待遇が良いと海外の企業にすぐに行ってしまう事も原因の一つかもしれません。
ですが、社員の可能性を信じて、明るく送り出すようにしてわだかまりを残さないようにしています。
世界とキャリムエンジニアリングで取引しよう
そして、キャリムエンジニアリングにいつ戻って来てもよいように、一度辞めた社員の採用にも力を入れています。