一等地の赤坂で比較!月極駐車場とアパマン経営どっちが有利?

Posted by addminz on 2016年9月26日 – 5:54 PM

一等地の赤坂で比較!月極駐車場とアパマン経営どっちが有利?

使っていない土地の運用形態としては、月極駐車場のほかにアパマン経営があります。
老後の土地活用としては、どちらがどういった面で有利なのでしょうか。
月極駐車場の大きなメリットは、災害リスクがかぎりなく低いことです。
赤坂などの首都圏において第一に懸念されるのは地震による倒壊リスクですが、立体構造でもないかぎり、駐車場の場合は地震によるリスクを基本的に無視することができます。
アパマン経営の場合は倒壊リスクにそなえて定期的に建物の補修工事が必要となり、その分だけコストがかかってしまいます。
それに、アパマン経営は手持ちの不動産がなければ運用できませんが、月極駐車場であれば私有地がなくてもリースという方法ですぐに始めることができます。
もちろん、メリットばかりではありません。
不動産であれば固定資産税などの優遇措置が受けられますが、月極駐車場は税制上は空き地と同じ扱いなので、税金が軽減されません。
コストとベネフィットを見きわめたうえで、赤坂での駐車場経営を検討しましょう。