猫で有名な商店街で妄想する村上豊彦

Posted by addminz on 2016年9月15日 – 1:56 PM

猫で有名な商店街で妄想する村上豊彦

白米より普通に猫まんまが好き。
それが村上豊彦のクオリティ。
この前、マタタビのお話をしましたが、後で人に聞いたところ、マタタビというのは気ままですぐどこかに行ってしまう猫を酔わせて、その場に留めおくという小話があるみたいで。
マタタビを与えることで、又旅に出ないでおくれと願いを込めているとかいないとか。
まあ、どうでもいい話ですね。
さて、私、村上豊彦さんはとても猫がお好きなんですね、なんてことを猫好きの女学生に言われてみたいとは思っているのです。
なので、猫好きの女学生といつデートをしても大丈夫なように、本日は、谷中の商店街に行ってみました。
猫で有名らしいので。
噂に違わず、そこら中、猫、猫、猫って感じで、もし、猫好きの女学生とここにデートに来たら、それは会話に困ることないだろうなと思いました。
歩いているとちょっとお酒を飲めるお店があって、少し妄想します。
「あら、村上豊彦さんは、まるでマタタビのにおいを嗅いだ猫のように、お酒にメロメロですね。
そんな私は、村上豊彦さんにメロメロですわ」。
しょせん、妄想ですね。
悲しくなってきたので、早く家に帰って猫に慰めてもらうとします。