彼氏にすすめられてエステタイムへ

Posted by addminz on 2016年9月9日 – 2:25 PM

彼氏にすすめられてエステタイムへ

エステタイムについて知ったのは彼氏の一言がきっかけだった。
夏休みに実家に帰省するついでに彼氏と旅行に行ったときのことだったのですが、期間は3泊4日、私たちはバイトをしていたこともあって、休める期間がこの期間だった。
必要な荷物を用意して、いざ出発。
新幹線で実家に向かい、最寄りの駅からは、母が車で迎えにきてくれた。
「ただいま」「おかえり」ちょっと涙が出そうだった。
上京してから、まだ半年しか経ってないのに、やっぱり家族のありがたみが、離れてみると、しみじみを分かった。
彼氏を紹介して、一緒に車に乗った。
彼氏は、上京してから出来て、母には電話で何度か伝えていた。
せっかく帰るのだから、一緒に来たらということで、一緒に実家に帰ってきた。
家についたら、荷物を置いてバタンと横になった。
疲れていた。
彼氏も横にバタンと横に倒れこんだ。
付き合ってまだ数ヶ月なのに、親に会ったので、疲れたのだとか。
彼の肌に当たったとき、ジョリっとした。
彼氏が気持ち悪がっていたのが表情で伝わった。
昨日の夜、腕の処理をするのを忘れていたのだ。
なんとも言えない空気が流れ、彼の言葉が口火を切った。
「エステタイム行ってみたら?」の一言だった。

初心者にもやさしかったエステタイム

夏休みの帰省、兼旅行に行ったときに彼氏が「エステタイム行ってみたら?」という一言を放ってからというもの、自分の家に戻ってきてから気になって仕方がなかった、インターネットで調べてみることにした。
彼とは、週末だけ一緒に私の家で過ごしているのだが、いずれは一緒に暮したいと思っている。
だけど、この腕のジョリっというのを解消しないと、一緒に暮らせないどころか、次に会ったときも、あのときの悪夢がよみがえってしまい、いずれにしても一緒にいられない。
一緒にどこかに出かけるのも、今は考えられない。
だから、調べてみた。
腕だけでいいかな?と思ったが、全身脱毛というのがあるので、そっちに興味が向いてしまった。
今はキャンペーン中なのか初回はとっても良心的な値段で施術ができるようで、まずは、やってみて、合わなかったり、相談してみて、それから考えればいいと思いました。
とにかく、いまのままでは絶対に嫌だったんです。
ただただその想いです。
しかも彼は、エステタイムと明確に表明していたので、私は、行動のみです。

エステタイムに通ってから

さっそく行動に移して、エステタイムへやってきました。
はじめはカウンセリングを受けました。
どうしたいのかということに対して、どう答えていいか分からなかったので、彼氏との、あの悪夢の出来事から、彼氏が放った一言、そして、インターネット見つけた全身脱毛に興味があること、全てを話してしまった。
担当してくれた人は「はいはい」と少し笑いをこらえてではあるが、親身になって話を聞いてくれた。
カウンセリングの結果、腕を試しになってみましょうということになった。
ドキドキしていたが、施術の最中は全然痛くなく、こんな感じで脱毛ができるなら楽勝だと思った。
是非続けさせて欲しいと担当の人にお願いした。
1週間ごとに通わなくてはならないのは段々と面倒になってきたが、彼氏との仲と取り戻すためだったので、励みになった。
彼と恥ずかしがらずに会うために通っていたが、私自身、女としての自信が出てきた。
エステタイムの正しい過ごし方
腕の施術が終わったときに、彼に会った。
彼自身は、軽いノリで言っただけだったようだが、エステタイムに行って、私は自信を手に入れることができた。