キャリムエンジニアリングって?

Posted by addminz on 2016年6月30日 – 9:28 PM

キャリムエンジニアリングって?

もしかして、キャリムエンジニアリングの名前を初めて聞いた人もいらっしゃるかもしれません。
私もその中の一人で、名前を聞いても何をする会社なのかすら、想像もできませんでした。
そこで、公式ホームページを調べてみると、東京都江東区新木場に本社を置く、1979年に設立された精密機器の輸送会社ということがわかりました。
精密機器といえば、日本が世界に誇る輸出品の一つですよね。
当然、キャリムエンジニアリングでも、精密機器の輸出に関する業務も行っているとのことです。
輸出のための特殊大型船を所有しており、海外にも拠点を持ち、一貫した輸送システムを構築していることもわかりました。
また、キャリムエンジニアリングでは、精密機器の輸送だけでなく、機器の取り扱いについて訓練を受け、資格を所有しているエンジニアが設置までしてくれるそうです。
高価なものですから、大切に運んで欲しいし、設置するときにも相当な技術が必要でしょうから、きちんと資格を持った人にお願いしたいですよね。

主なキャリムエンジニアリングの業務内容

ところで、キャリムエンジニアリングで輸送されている「精密機器」とは、どんなものなのでしょうか。
ぼんやりと思い浮かぶのは、半導体やコンピューターに関わるものでしょうか。
調べてみると、私たちが普段、何気なく使っているカメラや時計、テレビも精密機器に含まれるようです。
他にも、病院で使われている医療機器など、高価なものも多いようです。
それらを輸送する際には、振動や衝撃など外的影響について、かなり気を配らないといけません。
お客様からお預かりした大切な機器類を壊すわけにはいかないので、キャリムエンジニアリングでは、特殊なトレーラーやコンテナを使い、輸送しているようです。
半導体や液晶だけでなく、人工衛星のような先端技術の粋を集めたものも運ぶことには、大変な技術や労力を使うのだろうなぁと感心します。
私たちが普段使っているものや、その中に入っている部品、さらには宇宙へ飛び立っていくようなすごいものが、そうやって大切に運ばれているのを知り、ますますキャリムエンジニアリングに興味が湧いてきました。

キャリムエンジニアリングで働こう

精密機器を扱う仕事に興味を持っている方は、キャリムエンジニアリングでお仕事をしてみませんか?日本国内だけでなく、海外にも事業所を持つキャリムエンジニアリングでは、海外でも働くことのできる方を募集しているようです。
英語や中国語のできる方なら、事務スタッフとして働くことができますし、大型車の免許を持っている方なら、ドライバーとして活躍することができますよ。
精密機器関係は、アジア各国での需要が高まっており、今後の成長が大いに期待できると思います。
キャリムエンジニアリングの業種を把握する
海外での仕事に興味のある方にも、キャリムエンジニアリングはお勧めの会社ではないでしょうか。
また、大型の荷物を運ぶことから、クレーンなど特殊な重機を扱うこともあるでしょう。
特殊な機械を動かす免許をすでに持っている方なら、即戦力となりますし、資格を持っていない方でも、働きながら特殊な技術を身につけて、キャリアアップしていきませんか?自分の持った技術を活用できる場所で、活躍していってください。