買い取りした中古機械は耐用年数を考えながらリサイクル

Posted by addminz on 2016年5月27日 – 1:31 AM

買い取りした中古機械は耐用年数を考えながらリサイクル

動かなくなってしまったり不要になった中古機械や備品などは、処分してしまう前に見積もりや買い取りをしてもらったり、リサイクルとして活用するなどさまざまな方法がありますが、これまでの使用年数や使用頻度によってその後の耐用年数もずいぶんと違ってきます。
中古機械の耐用年数は法廷年数ではなく、その事業の用途に供した時以降の使用可能期間として見積もられる年数をいいます。
また、中古であることから使用可能期間の見積もりが困難な場合もありますが、規定の計算方法で算出することができます。
リユースやリサイクルとして販売をする時、中古機械は耐用年数が重要になることが多く買い取り金額や販売金額にも違いが出てきます。
他にも、自社の在庫の中古機械を中心にプレス板金機械や工具・治具などを整備や修理をして販売したりオークションに出しているところや、測定器や試験機・空日機器や溶接炉などの設備を中心に取り扱っているところもあります。