ペルシャ絨毯を東京で探すにはまず通販で

Posted by addminz on 2016年3月25日 – 10:24 PM

ペルシャ絨毯を東京で探すにはまず通販で

みなさんは、ペルシャってご存知ですか。
現在のイラク周辺。
そこで生まれた世界一美しく、世界一高価な絨毯がペルシャ絨毯です。
超がつくほどの高級品でありながらも、「イラン人はペルシャ絨毯の上に生まれて、ペルシャ絨毯の上で死ぬ」と言われるほど、彼らの生活に根差しています。
日本でもまた、多くの愛好家がいて根強い人気です。
もともと日本では、アラビアンナイトなどの物語が人気があり、そのエキゾチックな雰囲気に魅了されているという土壌があります。
現在、東京では中東をモチーフにしたミュージカルが大ヒットを記録しています。
ですから、人気があるのも当然ともいえます。
しかし、ペルシャ絨毯を自分の生活に取り入れるとなると、なかなか敷居が高いという方も多いでしょう。
持つと一生物ですが価格も相当で、大きいものだと車が買えるほどのものもあります。
しかし、サイズも様々で分割払いで購入できるものもあります。
最近は通販で扱うお店もあるようなので、気軽にサイトを覗いてみてはいかがでしょう。
できれば東京都内に実店舗があるお店が安心ですね。

東京にもたくさんある、本物のペルシャ絨毯取扱店

世界一高価な絨毯といえば有名なものはペルシャ絨毯です。
東京には取り扱う会社も多くありますが、大きなものだと、車が買えるほどの値段で販売されています。
どうして、そんなに価格が高いのでしょうか。
理由はその製造工程にあります。
ウールのペルシャ絨毯作りは、羊を飼うところからスタートします。
もともとが遊牧民が羊の毛を虫や草で染めて織り始めたのがその始まりと言われています。
羊を大切に育て、毛を刈り、その毛から糸を紡ぎます。
その糸をいよいよ織りあげていきます。
織りあげるスピードは、大きさにもよりますが1日に1~3ミリメートルといわれています。
ですから、1枚に数カ月から1年以上かかることもあるのです。
織り上げてからは、表面を整えるために焼いた後に洗います。
乾燥した後に、人の手ではさみで刈りこんで整えます。
すべての工程が人の手で行われ、1枚にたくさんの人がかかわる1点もの。
その丈夫な作りは何十年も使えるほどです。
これなら高価なのも納得ですね。
現在東京にある取扱店では、ホームページをもっている会社もありますからご覧になってみてはいかがでしょうか。

ペルシャ絨毯取扱店は東京に意外と多いのです

よいものは長持ちするといいます。
ペルシャ絨毯はまさにそういった価値のものの1つです。
本物は1枚で何十年ももち、東京の博物館にはいまだ美しい数百年前のものが飾られているのです。
なぜ、そんなに長持ちするのか。
その秘密は、材料の確かさと、それ以上に丁寧に加えられた人の手での作業工程があるのです。
その例の1つは、本物は絨毯の毛が抜けることがありません。
1本1本きちんと結びつけて織り上げられているからです。
そして、きっちりと本物の材料で織り上げられたものは汚れたら洗うことが、痛んだ箇所は修理することができます。
それだけに値段は大変高価です。
東京でペルシャ絨毯の取扱店を探す
しかし、かつてに比べるとずいぶんと手が届きやすくなってきました。
サイズも生活に取り入れやすいように、座布団サイズから、リビングサイズまで様々にそろっています。
東京にはペルシャ絨毯の取扱店が多くありますが、興味を持ったら、まずサイトを見てみるのもよいと思います。
きっと、その美しさと奥深さに魅了されますよ。